原料が天然由来である

必要摂取量が摂取できる

女性

エクオールには女性ホルモンの一種であるエストロゲンと同じ働きをする作用があるため、更年期障害に有効な成分として知られています。しかし、辛い更年期の症状を緩和するために、エクオールサプリを飲みたくても、種類がたくさんあり、どれが良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。エクオールサプリを選ぶ基準は、安全性が高く、天然由来のエクオールが配合されていることです。原材料が大豆胚芽抽出発酵物と記載されているものが、天然由来のエクオールです。次に、エクオールを体内に吸収しやすくするための、サポート成分が配合されていることです。サポート成分には、乳酸菌、ラクトビオン酸などがあり、サプリの効果をより早く実感できます。そして、エクオールの必要摂取量を摂取できることも大事です。一日に推奨されている摂取量の目安は10ミリグラムであるため、この量が補えるサプリを選ぶのが賢明です。その他には、サプリは長く飲み続けて効果を感じるものなので、経済的にも負担にならないコストパフォーマンスの良さも基準となります。高すぎず、3ヶ月以上飲み続けられるサプリを選ぶようにしましょう。また、毎日飲むものなので、保存料や香料など、添加物が入っていないことも重要です。このようなことを頭に入れてエクオールサプリを選ぶと、失敗が少なく、自分に合ったものを選ぶことができます。エクオールサプリでホルモンバランスを整え、更年期を快適に過ごせるようにしましょう。

更年期の揺らぎ世代に人気

婦人

40代以降の年齢になると卵巣機能が低下して、女性ホルモンの分泌量が低下してしまいます。女性ホルモンが不足すると心身に様々な不調を感じるようになり、多少の個人差がありますが、家事や仕事に悪影響が出てしまう可能性があります。エクオールは、大豆イソフラボンが腸内細菌によって変換されて作られる成分ですが、日本人女性の大半はエクオールを腸内で生産できない体質です。エクオールは一定時間体内に留まっていますが、体外に排出されてしまうので、毎日摂取しなければいけません。大豆イソフラボンが豊富に含まれている、豆乳や納豆、豆腐などの大豆食品を食べる必要がありますが、食事だけでは補うのが難しくなっています。エクオールのサプリメントは、乳酸菌を使って大豆イソフラボンを発酵させてあるため、体内への吸収率が高いのが特徴です。エクオールのサプリメントは、更年期の揺らぎが気になっている場合にお勧めしたいです。天然の成分で作られているので安全性に優れており、体のデリケートな中高年以降の人も、安心して服用ができます。エクオールのサプリメントは数多くのお店で販売されていますが、信頼できる会社の商品は品質管理も徹底しているので、安心して購入ができます。エクオールサプリを服用することで、体の不調を緩和する働きがあります。更年期の年代の人は、生活環境が大きく変化するケースが多く、過度なストレスを溜めやすい傾向があります。普段の生活では、充分な睡眠を取ることも大事です。

作れない人も大丈夫

女の人

一般的に女性の更年期と呼ばれる年齢は、閉経の目安とされる50歳をはさんで前後5年間ずつ、計10年間のことを言います。この間に女性の体の中は女性ホルモンのエストロゲンが減少し、ホルモンバランスが崩れていきます。その結果、更年期障害と呼ばれるさまざまな体調不良が生じることになるのです。この更年期障害の症状の現れ方は人によって異なり、特に気にならないという人から、生活に支障をきたすほどひどい人までさまざまです。大多数の女性がイライラやほてり、肩こりなどの症状を経験しますが、これを和らげる作用があるとして、近年、女性たちから熱い注目を集めているのがエクオールです。エクオールに人気が集まっているのは、更年期の症状で悩む女性だけでなく、月経前に起こるさまざまな不調、いわゆる月経前症候群の緩和にも働きかけるためです。つまり、年齢に関係なく、女性ホルモンのバランスの変化に伴って起こる女性の不調全般に働きかけてくれるといえます。エクオールは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするため、分泌量が減ってきた更年期にも、バランスが崩れやすい月経前にも、どちらにも効果的ということになります。大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという物質が体の中でエクオールに変化するのですが、日本人女性の2人に1人はダイゼインをエクオールに変化させることができません。そのため、直接エクオールの成分を摂取できるサプリメントが効果的だとして、近年、人気を集めています。ダイゼインではなくエクオールが直接体内に入ることによって、体や肌への効果が高まるため、エクオールサプリは支持されていると言えるでしょう。