眼病予防と美肌効果のため

賢くサプリメントを利用

婦人

ルテインという成分は、人間の体にもある程度は存在しています。目の網膜の中心部や黄斑の部分に存在しており、紫外線やパソコンあるいはスマートフォンから発せられるブルーライトの光を吸収して消し去ってくれる働きがあり、目の健康維持のためにはなくてはならない成分です。また、その抗酸化作用による美肌効果もあります。人間の体内に存在している以外では、緑黄色野菜や植物の緑葉、果物、卵黄等に多く含まれ、それらを原料としたサプリメントも多く販売されています。また、特にルテインの効能として、目の重大な病気として知られている、加齢黄斑変性症を予防してくれるという効果があります。加齢黄斑変性症というのは、目の黄斑部に何らかの原因で異常が起こり、最悪は失明してしまうという恐ろしい病気です。また、人間は年齢を重ねるにつれて、飛蚊症や白内障を発症する人が大変多いようですが、ルテインはこれらの病気を予防してくれる効果もあります。ルテインという成分は人間の体内に、ある程度は存在していると言っても体の中で自ら作り出すことができない成分です。それどころか、加齢や毎日の生活での紫外線等の影響によって、次第に減少していってしまいます。そうなると目の健康を維持するためには、毎日の食事やサプリメントから摂取することが必要になります。それではルテインの一日の摂取量の目安はどれくらいなのでしょうか。その目安は一日約6 mgと言われています。しかし、これを野菜に換算するとかなり多くの量の野菜で、野菜好きな人でもとても毎日は摂取できない量です。こんな時にルテインのサプリメントを利用するのが最もお手軽で賢い方法ではないのでしょうか。ルテインのサプリメントはテレビコマーシャルや新聞雑誌あるいはインターネット等で調べれば数多く販売されています。目の健康や美肌を保つためにはルテインのサプリメントを利用することがベストかも知れません。

健やかに生活するには

ウーマン

世界有数の長寿国であるが故に、いつまでも健康に気をつけて過ごすことは人生のテーマと言えます。情報が氾濫している現在は、体によいものと検索すれば、ありとあらゆる健康食品の効能が出てきます。その中で、ルテインと呼ばれる成分があり、現代病ともいえる体の不調に効果があるのではと期待されています。パソコンやスマートフォンなどの機器は、今やなくてはならないものとなっていますが、使用時間の増加にともない、目を酷使しており、また機器から発せられる有害な光にさらされていることも事実です。加齢とともに目の黄斑部の働きに異常が起こり、視力が落ちていき、失明に至る可能性のある加齢黄斑変性症という病や、白内障などに悩む方も増えてきています。そのような病気になる前に予防する意味も含めルテインを摂取しておくとよいとされています。ルテインには眼球に入ってくる紫外線や高エネルギーの光を吸収し保護する働きがあると言われており、目のリスクを抑える重要な働きをし、目の健康を保ってくれると考えられています。ルテインは緑黄色野菜や茶葉などに多く含まれる色素ですが、食事から効率よく摂取するには手間がかかったり、大量に食さなければ効果が出る摂取量に到達しない場合もあります。そのため、健康食品やサプリメントを利用するほうが賢明だといえるでしょう。大量に摂取しても、かえって健康を害してしまう可能性もありますので、使用上の注意をよく理解することが健康の近道ではないでしょうか。

サプリを活用しよう

レディ

ルテインは水晶体を紫外線やブルーライトから守り、目の健康維持に効果があるとされる成分で、加齢黄班変性症や白内障などの目の病気の予防にもなります。これはケールやほうれん草などに多く含まれていますが、目の健康に役立つ量をしっかりと摂りたい場合にはサプリを利用すると良いでしょう。ルテインを含むサプリの選び方としてまず考えたいのは、水に溶けにくく体内で吸収されにくいと言われるルテインの吸収を助けるような工夫をしているかということです。これに関してはフローラグロー製法という方法でルテインを作った場合、体内に存在するルテインと同じものをそのまま摂取できることになるので、効果が上がりやすくなります。さらに、この成分の場合にはゼアキサンチンやアントシアニンと一緒に摂ると相乗効果が期待できるので、ルテインとこれらの成分の両方を含むようなサプリを選ぶようにすると良いでしょう。ゼアキサンチンはルテインと共に網膜の黄斑に存在する成分で、強力な抗酸化力があり、この成分とルテインは共にブルーライトを吸収、遮断して目の健康を守ることができます。また、アントシアニンはブルーベリーに含まれる成分で目の疲れを癒し、視力回復の効果がある他、ルテインの成分を目の奥まで運ぶという働きも持っています。この他でルテインのサプリを選ぶときに気をつけたいのは、この成分の1日の推奨量である6mg〜10mgの量がしっかりと含まれているかということです。さらにサプリの場合は継続して飲むことが大切なので、飲みやすくて美味しいと思えるようなものを選ぶことも大切と言えるでしょう。